ウインズ
フューエルシステム チューンナップ(FST) サービス

エンジンを分解することなく、燃料系統と吸気系統のワニス、カーボン、スラッジを除去し、空気の流れと燃料の噴射状態を整えて、完全燃焼を推進します。

・始動性と加速性能を改善します。
・パワーとレスポンスを向上します。
・アイドリングのバラツキを抑えます。
・燃費を改善します。
・排気のCO、HCを抑制します。


使用ケミカル
FST KIT (V.I.C/A.I.C/POWER CHARGE)
ビック(473ml)
エアーインテーク クリーナー(170g)
パワーチャージ(473ml)
《作業内容》
STEP1 ウインズ パワーチャージを燃料タンクに1本注入し、エンジンをスタートします。これにより燃料ライン、インジェクターノズル、バルブ、燃焼室のワニス、カーボンを独自の成分が分解し始めます。
STEP2 ウインズ エアーインテーククリーナーでスロットルボディを直接洗浄します。
STEP3 ウインズ VIC(濃縮された有機性洗浄剤、溶剤、潤滑剤、腐食抑制剤)をウインズ インダクションツール(専用機材)を使用して、マニホールド負圧により霧状に吸い込ませます。これによって、インテークマニホールドの埃やカーボンが除去され、STEP1で分解され始めたバルブや燃焼室、ピストン等のワニス、カーボン、スラッジが一気に除去されます。
測定数値比較(before=作業前 affter=作業後)
Car
HC
CO
CO2
O2
Make
Type
km
before
affter
before
affter
before
affter
before
affter



ppm
ppm
%
%
%
%
%
%
Opel
Tigra
51000
400
2
0.2
0.02
15.8
16.0
0.5
0.1
Fiat
Tempra
50000
115
32
0.68
0.
13.2
14.2
1.2
0.2
Rover
1.6vitesse
125000
238
147
3.73
1.09
12.2
13.6
0.5
1.0
Chrysler
Voyager
52000
130%
95%
0.02
0.07
15.5
15.6
0.8
0.7
Mercedes
260E
17000
318
180
5.21
5.36
10.4
11.5


Peugeot
205GTI
82000
228
113
0.3
0.7
11.1
14.3
6.3
1.4
Opel
Calibra2.0-16V
53000
112
4
0.4
0.003
14.2
15.0
1.1
0.4
Peugeot
205
220000
103
56
0.44
0.17
13.5
13.0
2.1
2.6
BMW
525i
50000
671
123
0.16
0.31
12.4
14.5
4.5
1.5
Ford
Mondeo2.0/16V
60000
309
43
0.7
0.008
15.4
16.9
1.6
0.3
Mercedes
190E
90000
291
144
0.2
0.18
13.1
13.7
3.5
2.3
Jaguar
4.2/8cil
90000
310
276
5.85
6.88
12.1
11.1
0.5
0.3
Alfa romeo
75 1.8E
80000
1339
189
1.61
1.1
10.2
14.2
5.3
0.7
Rover
3.5L EFI V8
124000
547
207
3.7
0.8
12.0
12.8
2.3
3.7
Ford
Scorpio
60000
405
200
0.14
0.04
15.0
15.2
0.3
0.1
VW
Golf GTI 16V
80000
210
170
3.31
1.98
19.2
19.7


BMW
520i
70000
260
230
3.17
1.46
16.6
19.0


Renault
25 V6
60000
142
73
3.8
1.4
13.1
14.3
0.9
0.9



全米自動車整備修理協会(AMRA)のニュース

ウインズFuel System Tune-Up(FST)サービスの推奨間隔について述べています。AMRAは次ぎのような立場を現状取っています。つまり『ウインズFSTサービスは1年毎か、あるいは15,000mileから18,000mile(24,000km〜28,800km)に1度、予防整備のために推奨している。』この決定は、AMRA Chemical Issues Task Force(ケミカル関連プロジェクト部門)でなされたものです。この部門は燃料システムのデポジット(カーボン等)問題の技術文献の徹底調査をしている所です。

このAMRAケミカル関連プロジェクト部門は、ニュージャージー州の規制によって作られました。この規制は自動車整備業界が1年に一度FSTサービスを進めていることの根拠に疑問を呈して成されたものでした。この州の規制を出した人たちは、好意的にこの推奨の正当性(特に新車に対して)について議論を深めました。しかしながら、ニュージャージー州の規制した人たちは、AMRAケミカル関連プロジェクト部門の答申に基づいて、この規制の継続を断念しました。事実、彼らは燃料システムにデポジットが形成されてしまうことを納得し、1年か15,000〜18,000mileに一度予防整備をすることの意義を確認しました。
このAMRAのニュース発表はニュージャージー州に起こった限定された問題のように扱われていますが、答申は明らかにすべての州に通じるものです。


このサービスは当社にて施行しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。



各種サービスのTOPページに戻る

このホームページはフレーム表示になっています。
検索エンジン等から直接こちらのページにお越しになった方は
下記のTOPページからお入り下さい。
TOP